新潟の注文住宅・新築一戸建て・リフォームなら株式会社松尾工務店 ナチュラルモダン住宅・和風住宅・北欧風住宅・デザイン住宅
 松尾工務店HOME > こだわりの工法
Technical
揺るぎないベースをつくる
「ベタ基礎一回打設」
 松尾工務店のつくる家は「ベタ基礎一回打設」が標準です。これは建物の構造上、もっとも大切なベースを、1回のコンクリート打設で、立ち上がり部分までも同時にコンクリートでつくり上げる方法。強度が高いといわれているベタ基礎も、通常はベース部分と立ち上がり部分を2回に分けてコンクリートを流し込むため、継ぎ目ができてしまい、これが後々、亀裂を含む問題を引き起こす可能性をはらんでいます。当社が採用している「ベタ基礎一回打設」は揺るぎないベースをつくる工法です。もちろん、経験に裏付けられた技術も手間も必要ですが、強度と耐久性は間違いありません。
大工の腕が試される
「在来木造軸組工法」
 ひとことでいえば、木の柱と梁を組み合わせてつくる日本の伝統的な工法です。日本の家づくりで最も採用されている工法で、設計自由度が高く、また木の良さを表現することができるといった長所があります。それだけに肝心なのは、仕上がりが大工の腕にかかっているということ。自社大工を抱えて家づくりを行っている松尾工務店では、大工から大工へと引き継いできた確かな技で、一棟一棟にあたっています。
天然木と天然素材で家をつくる  松尾工務店は、無垢の木材を使って骨組みをつくり、そこに天然素材を組み合わせて住まいをつくります。天然素材の魅力は、まず耐久性があること、そして調湿性があること。さらには、そこにいるだけで心地よい時間が過ごせる、そんな癒しの働きがあることでしょう。大切なのは、材を見極め、その力がもっとも発揮される場所に的確に配置する「適材適所」の技。そんな仕事も、長年、無垢の木材を扱い、材の知識を積み重ねてきた松尾工務店の大工だからこそ、可能なのです。
継手・仕口  木造住宅は柱や梁、桁などを組み上げて構造を造ります。
 木の個性を見抜き、木の性質に合った刻みを入れることで、木が持つ力を最大限に発揮します。
 継ぎ手とは材木の長さを増すため継ぎ足すときに使います。(腰掛鎌継ぎ(こしかけかまつぎ)台持ち継ぎ(だいもちつぎ)大栓継ぎ(だいせんつぎ)など)
 仕口とは土台と柱のつなぎ目や梁と桁などを組む時に使います。(ほぞ差し、胴差し、大入れ蟻仕口など)
 大工が手で刻んだ「ほぞ」は、より複雑でより深く頑強です。
▲このページの先頭へ